"> 日記 – ページ 10 – 若草幼稚園

園長ブログ

トップページ > 園長のつぶやき > カテゴリー: 日記
カテゴリー: 日記

「ワールドカップの思い出」(5/12のリレーブログより転載)

2014.09.12

今日は園長です。今日、サッカーのワールドカップ・ブラジル大会のメンバーが発表されましたね。選ばれた23名からは、目標のベスト8以上目指して頑張ってほしいです。正直、予選リーグもかなり厳しい戦いになると思いますが、前回大会のようにチーム一丸となって突破してほしい。また寝られない日が続きそうです。

若い人には申し訳ありませんが、かなり古いワールドカップの話を書きます。

24年前の1990年、私は東京で会社勤めをしており、草サッカーチームに所属していました。ワールドカップのイタリア大会が始まる頃で(まだ日本は出場していない)、毎週サッカーの試合に明け暮れていた私はいてもたってもいられず、1週間の休暇を取り、ボーナスをはたいてイタリアに単身飛びました。往復の飛行機の切符だけ求め、大会のチケットはおろか宿泊する場所もない貧乏旅行(試合のチケット代を捻出するため)でした。今思うと若さだけの無謀な行動でしたが、何もしがらみがない中で、1人で思いきり好きなことを実行できる幸せな時期でした。

イタリアのダフ屋みたいな人々と交渉してチケットを購入し、なんとか4試合を観戦することができました。電車で各地に移動しながらの野宿同然の旅でした。ローマの8万人が収容できるスタディオ・オリンピコでの地元イタリアの試合、選手の熱いプレーや観客の熱狂は今でも忘れられません。観客席には東洋系はほとんどいませんでしたが、国の威信をかけた戦いに私まで巻き込まれたようでした。この大会で得点王になったスキラッチ(写真左)は、後にJリーグのジュビロ磐田で活躍することになります。イタリアは予選からずっと勝ち続けましたが、準決勝で惜しくもアルゼンチンにPKで敗れました。

そのアルゼンチンのスターと言えばもちろんマラドーナ(写真左)。実際の試合は日程の関係で見れず残念でしたが、テレビで彼のプレーに釘付けになりました。彼の全盛期はその前のメキシコ大会(1986年)であり、有名な「神の手」や「5人抜き」が生まれた大会です(マニアックですみません)。我々の年代のサッカーのアイドルと言えば、文句なくマラドーナです。

そしてそのマラドーナ擁するアルゼンチンを決勝で破ったのが、西ドイツです。写真はマテウス(左)とリトバルスキー(右)。ベルリンの壁が崩壊したのが前年の1989年。そして東西ドイツが再統一したのがこの大会のわずか3ヶ月後です。すごい歴史の節目、はざまで勝ち取った優勝でした。現在は香川を始め、岡崎や内田など多くの日本人がドイツで結果を残していますが、当時の西ドイツと言えば、日本人など入り込む余地のない(奥寺選手は例外)世界に冠たるサッカー王国でした。

ということで、W杯のメンバー発表が今日だったこともあり、中年オヤジの無理やりの過去の郷愁ブログでありました。失礼しました。そして気持ちは現代に戻って、ザックジャパン、ゴールを目指せ!

2014.09.12 「ワールドカップの思い出」(5/12のリレーブログより転載)

東北農政局のHPで紹介されました

2014.05.01

東北農政局のHPに、食育ブログ「 食(ク)リックひろば」が設置されているのですが、このたびの東北地区食育コンクールで審査部会長賞を受賞した本園の取り組みが、4/30日付けで詳しく紹介されました。ありがとうございました。
http://www.maff.go.jp/tohoku/syouan/blog/index.html#140430

こちらにも転載させていただきます。

「今日は、平成25年度東北地域食育活動コンクールの農林漁業体験分野で審査部会長賞を受賞された、山形県酒田市の学校法人龍州(りゅうじゅう)学園 若草幼稚園の「すくすく畑の堆肥作りから野菜収穫まで」の取組をご紹介します。
http://www.maff.go.jp/tohoku/syouan/blog/img/dscf2404.jpg
こちらの幼稚園は、曹洞宗の「持地院」というお寺の敷地内にあり、このお寺のご住職が園長を務めている幼稚園です。

お寺ですから、墓地もあり、お盆やお彼岸には多くの檀家さんたちが、ご先祖様や亡くなった方の供養のためにお墓参りに訪れます。

そのときに、供えられるたくさんの供物やお花は、昔は野焼きなどをして処分していたのですが、時代と共にその処分がだんだん難しくなり、有料で業者に頼まなければならなくなりました。

供物や供花の大体はお墓参りに来た方たちにもって帰ってもらうそうですが、それでも残ってしまうものもあり、かなりの処分費用が掛かるのだそうです。

そこで、住職さんが考えたのは、供えられた花を堆肥化して再利用できないか??ということだったそうです。

供えられた花を堆肥にすることは、エコロジーにもつながり子どもたちにも良い教育になると考え「堆肥つくり」の取組をはじめたそうです(*^。^*)。
私たちは生きてるのではなく、食べ物などの命を頂いて自然に生かされている・・・。

そういえば・・・仏教の教えの「無常観」は、形あるものは必ずいつかは滅し、万物は「生・住・異・滅」を繰り返して転変する・・・つまり全てのものに永遠はないというものです。

お墓に供えられたきれいなお花も時間とともに枯れてしまいますが、その花が堆肥になり、土に戻り、栄養となって野菜を育て、その野菜を食べ物として頂いて生きていく。仏教の教えの「輪廻転生」(生きているものは滅してもまた生まれ変わる)にも通じるような気がします。
お寺の幼稚園ならではの食育の取組ですね!
http://www.maff.go.jp/tohoku/syouan/blog/img/dscf6056.jpg
さて、実際の堆肥作りでは、お花を包んでいるビニールやゴムなどは土に還らないので、年長の園児たちがハサミを使って取り除く作業をまず行ないます。その際、茎が腐っていて、ニオイが臭かったりするのですが、そういった経験も、「万物は循環して成り立っている」という事も身をもって体験出来る良い機会になっているそうです。
http://www.maff.go.jp/tohoku/syouan/blog/img/dscf1044.jpg
その後、花は刻まれ、鶏糞・油かす・ぬか・籾殻・発酵促進剤などを混ぜ発酵させます。
ホカホカと湯気を出し、発酵している堆肥を見て有機物が土に還る仕組みも子供たちは学びます。
そうして出来た堆肥を栄養として、100坪以上の敷地でトマト、ナス、ピーマン、ニンジン、とうもろこし、スイカ、メロン、かぼちゃ、小松菜、アイスプラント・・・・などなど、実に様々な野菜や果物を育てています。

作物が育つ様子をきっと園児たちは「早く大きくならないかなー」と純粋な気持ちで楽しみに見守っていることでしょう。そして収穫したものは生でそのまま食べたり、炭火で焼いたりして食べるそうですが、自分たちが作った野菜や果物は格別な味なんでしょうね!
http://www.maff.go.jp/tohoku/syouan/blog/img/dscf6812.jpg
保護者からは、野菜嫌いだった園児が、自分たちで作って収穫した野菜がおいしくて野菜嫌いが直った!との喜びの声もあるそうです。

作業工程ではシルバー人材の方々との共同作業もあり、地域のお年寄りとのふれあいもあるそうです。

また、保護者もこの活動に関わっていることで、野菜づくりに興味が湧き、家庭でも家庭菜園を始めて家族ぐるみで食への興味が広がった、など、食育の広がり、効果をみせているそうです。まさに「すくすく畑」では作物だけじゃなく、子どもたちもみーんなすくすく育っているんですね(^○^)。

おいしそうに食べている園児の姿、とても楽しそうです♪♪
土に触れ、作物を育て、命や自然、仏教の教えも学ぶ・・・。

供花を堆肥化するという着眼点もすごいし、本当にすばらしい取組だと思います。
これからも、子どもたちをすくすく育てる食育活動を続けていただきますよう、ご期待申し上げます。

平成26年4月30日
(東北農政局HP、食育ブログ「 食(ク)リックひろば」より転載)

2014.05.01 東北農政局のHPで紹介されました

山形新聞「提言」(4/9掲載)

2014.04.15

2014.04.15 山形新聞「提言」(4/9掲載)

30年ぶりに入ったお風呂 (若草リレーブログより)

2014.04.15

この写真は右下の数字でわかるように、1983年の夏季保育の様子です。当時は吉祥閣(お寺の檀信徒会館)で就寝していました。そして写真の左上のお風呂に入っているお父さんが、当時年長組だった小野さんです。

先日の日曜日(3/30)、お父さん達からすくすく畑で堆肥すき込み作業をしていただきました。作業終了後、汗と堆肥の臭いを流すために、吉祥閣の風呂に入っていただきましたが、その時小野さんが、「この風呂懐かしい!」と歓声をあげたのです。

当時の夏季保育は、松山で野外活動を楽しんだ後、「地蔵の湯」さんの風呂で汗を流し、夜は園庭でキャンプファイヤー等をしていました。小野さんによれば、就寝前にこの風呂にも入ったそうです。よく覚えていますねえ。このお風呂、築45年でだいぶ古くなりましたが、全面タイル張りで浴槽も深く、とても趣きがあります。

園児の頃の楽しい思い出が、30年ぶりにに入ったお風呂によって蘇ることができ、小野さんにとって本当に感慨深いものだったと思います。まさしくタイムスリップでした。今度は小野さんから、吉祥閣に泊まってもらおうかと思います(笑)。

2014.04.15 30年ぶりに入ったお風呂 (若草リレーブログより)

年長組保護者の皆さんへ

2014.03.28

この画像の英文は、2年前のさよならパーティで演奏した、当時の高橋PTA会長率いるバンド(若魂ロック)メンバーのTシャツの背中にプリントされていたものです。彼らが独自に作りました。言うまでもなく、若草幼稚園のPTA活動の理念「大人が輝けば子どもも輝く」を訳したものです。英文になるとカッコいいですね(笑)。

先日の卒園式&さよならパーティから1週間が経ちましたが、まだ何となく余韻が残っているようです。今頃になっての御礼で恐縮ですが、改めて、今年度年長組の保護者の皆様には本当にお世話になりました。特に松田PTA会長始め五十嵐、相馬副会長、菅原、小野両学級活動部長、木村広報部長、小松スナップ写真部長、金子体育部長、鎌田文化部長、その他年長組の役員の皆さんからは、今年度のPTA活動を力強く引っ張っていただきました。深く感謝申し上げます。

いろんな行事の準備などで一生懸命に協力していただき、一緒に…汗を流し、時には(いつも?)お酒を酌み交わしたり。私は酒田に戻ってから20年経ちますが、いつの年も、保護者との出会い、そして交流が私のパワーの源です。

保護者にとってかわいいわが子はもちろん、一緒に過ごしている友だちもかわいく思ってくれて、いろいろな行事を通して、その子たちに喜びを与えていく。みんなが楽しく、幸せな気持ちになりたいというのが、幼稚園を取り巻く人々の共通の願いではないかと思います。そういう方たちと触れ合っていると、自分自身も温かさに触れて、それを同じように人に与えていきたい、そういう気持ちになれるのです。様々な人との出会いを通して、大人も子どもと共に成長できる、そんな幼稚園でありたいと思っています。

皆さん、今後の人生も子どもたちと共に輝いて下さい。希望を持って!「太陽が輝くかぎり、希望も輝く」から。As long as the sun is shining, hope will shine too!

2014.03.28 年長組保護者の皆さんへ

セミの一生

2014.03.28

「セミの一生」という歌があります。英語の歌でとてもシンプルなのですが、非常に印象に残ります。歌詞だけわかるのですが、メロディをどなたか知りませんか?

今年度の広報「わかくさ」最終号に、卒園生へのメッセージとしてその歌を紹介しました。

 「平成十四年夏に「カブトムシの家(KK牧場)」をお父さん達と制作し、その年から幼虫の孵化が始まりました。ただ、土の中から出てきたのはカブトだけでなく、セミの幼虫も一緒でした。カブトの家が建つ前から、その地にはセミが産卵していたのです。セミの幼虫は土中で6~7年間過ごす(アブラゼミの場合)と言われていて、確かに平成20年過ぎまでセミは毎年出てきていたので、その説の正しさは私も確認しました。ただカブトの家はネットで囲われていたので、セミの成虫を毎年外へ出してやるのが私の仕事でした。何となく、カブトの家を建てなければ、自由に空へ飛びたてたのに「ごめんなさい」と…いう気持ちでした。

 セミの成虫は約一週間の寿命と言われています。6、7年という長い年月を土の中で過ごし、やっと空を自由に羽ばたくことができたのに、一週間とはあまりにも短いですね。人間は同じくらいの期間を家庭や保育園、幼稚園で過ごし、そして新たな巣立ちをして、それでもまだ何十年という人生を過ごします。あまりにも違いますね。

 「セミの一生」という英語の歌があります。

I come on Monday. It is my first day.

I fly on Tuesday. It is my second day.

I play on Wednesday. It is my third day.

I sing on Thursday. It is my fourth day.

I date on Friday. It is my fifth day.

I sleep on Saturday. It is my sixth day.

I go on Sunday. It is my seventh day.
Oh … It is my last day.

 何だかせつない歌ですね。でも、セミは自分の生を全うして終えていく。そこに長い、短いはないし、満足、不満もない。人間ももしかしたら同じかもしれません。生を全うすることが本質なのです。この世に生れ、歩き出し、友だちと遊び、歌い、成長して伴侶を得、子孫を残し、死んでいく。生き物はすべて同じなのですね。どうぞ巣立つ皆さんも、自分の一生を全うしてください。何があっても、生きてください。

 卒園おめでとうございます。」

2014.03.28 セミの一生

鬼のお面の歴史

2014.02.05

今回の豆まきには9頭の鬼が登場しましたが、そのうち7頭は、手作りのお面を使用しました(他の2頭は市販のもの)。このお面は古くからありましたが、いつ作られたかは不明でした。しかし最近、70歳の知り合いの方から、「自分が中学生の時に、幼稚園でお父さん達が紙粘土で作っているのを見た」という証言を得ました。ということは何と、55年前頃の作品だったのです。

若草は今年創立58周年なので、創立間もない頃に作られたのですね。建て替え工事等のたびに古い物は処分されてきましたが、このお面はお寺のそばの倉庫に保管されていたので、ずっと残され使用されてきました。鬼役の運転手さん(当時は)、お父さん達、父や私の汗と鼻水、そして子ども達の涙が55年分こびりついた伝統のお面です。子ども達から角を折られたり、髪の毛を引きちぎられたり、色がはげるたびに修復され、何とか今でも現役で活躍(?)しています。子ども達にとっては怖くてつらい出来事ですが、成人してからは良き思い出として振り返ってくれます。

これからも使い続けていくつもりですが、来年には新たな手作りお面も、保護者の皆さんと作ってみようかなと思います。またそれが何十年も使い続けられ、さらなる歴史を作っていってもらえれば嬉しいです。

2014.02.05 鬼のお面の歴史

家族の使命

2014.02.01

この作文(1/31付「荘内日報」)を読んで、自分の中、高校時代を思い出しました。私の身内も精神的な病で入退院を繰り返し、そのことで家庭内が不安定だった時期が長く続きました。当時それを他人に話すことはせず、自分の鬱屈した内面を部活動や友との付き合いで発散させていました。私にとってはできるだけ考えたくないことであり、(何でうちだけが…)というような被害者意識もありました。今となっては、家庭内のいろいろな問題、葛藤は多かれ少なかれどの家庭にもあり、皆その試練を受け止め、乗り越えながら生きているのだと理解しています。

この作文の作者は中学生ですが、兄の病で家族が壮絶な経験をしてきた経過を踏まえながらも、「私達以上に本人がとてもつらい思いをしてきた」と書き、兄を思いやっています。そして兄のサポートを「家族の使命」として受け入れ、その使命ゆえ今回実名を出して公表し、多くの人から発達障害への理解を深めてもらい、支えの一助となるように働きかけています。私自身の頃を振り返ると、本当に頭が下がります。

この作文を紹介することで、少しでも彼女を応援できればとの思いを持ちました。

2014.02.01 家族の使命

もうすぐもちつき(若草リレーブログ12/11より転載)

2013.12.16

 日々寒くなってきましたね。「さんぶの~」と言ってると、気持ちまで冷えてきますが、常に心はホット!でいきましょう。ところで、12月の大行事と言えば、やはりもちつきです。

去年のもちつきの時の若草ホームページのトップページは、こちらでした。

2年前はこちらです。

今年ももちつき人募集しています。「へっぴり腰でもいい、ぺったんこしてくれれば、それでいい」。

2013.12.16 もうすぐもちつき(若草リレーブログ12/11より転載)

今年もジャンボ雪だるま作るか! (若草リレーブログ/11/12より)

2013.12.16

今日は園長の番です。11月中旬だというのに、ついに雪が降ってきました。大人はちょっとつらいのですが、子ども達は雪が降るとウキウキしてきますね。特に子ども達が喜ぶのが、保護者と一緒に毎年作っている「ジャンボ雪だるま」。今回はいつ作れるかなあ。去年は1月14日に作ってました(今年でした)。で、UPしたのが上の写真です。これを見て騙された人が多かったようです。すみません。2重に合成していました。大仏さんに肩を並べるように雪だるまのサイズを伸ばし、大仏の横に貼り付けたのが1点(これは分かりやすい)、そして、人々の姿を小さくして雪だるまにはめ込んだのが2点目です。これがわかりにくかったので、本当にこんな大きいのを作ったのか!!と思われたようです。ごめんなさいね。

実際の大きさは下です。

と言うことで、今年もジャンボ雪だるま、みんなで作りましょう。

2013.12.16 今年もジャンボ雪だるま作るか! (若草リレーブログ/11/12より)

このページのトップへ