理事長ブログ

トップページ > 理事長ブログ > 園長ブログ最終回

園長ブログ最終回

2020年03月31日

平成18年度より園長を務めてきましたが、本日をもって退任します。14年間大変お世話になりました。ありがとうございました。明日4月1日からは、姉で教頭の大滝美樹が新園長に就任します。私は元々学校法人の理事長と園長を兼任しており、新年度からは理事長専任となります。ということで、体制は大きく変わりません。よろしくお願いいたします。

平成6年に僧侶の修行を終え酒田に戻り、お寺の副住職、若草の副園長としてスタートしました。右も左もわからず戸惑うばかりでしたが、屈託ない園児の遊びの誘いに応じて、毎日「はしる、ぶつかる、なく、わらう!」。しだいに幼稚園生活にどっぷりとハマっていきました。自然豊かな園庭で、子どもたちと汗を流して走り回る気持ち良さ、そこからもらうパワーと活力。すべてが新鮮で元気溌剌の日々でした。

保護者、特にお父さんたちとの交流も私の生きがいの素になりました。若さゆえのフットワークの軽さで何でも実行する皆さんのおかげで、アイデアがすぐに現実のものになっていきました。マウントキャビン、ツリーハウス、トンボ池、泥んこプール、カブトムシハウス、スクーター小屋、畑の東屋、ベンチ付きテーブル等…、毎年のように様々なものを作りました。また、すくすく畑の開墾や森の山探検道の開発等も含め、園児というより大人自身の冒険心をくすぐるものに、夢中で取り組んでいたものです。でもそれらは、今では子どもたちにとって欠かせないものになっています。森の山やすくすく畑の活動を通して感じる自然の摂理は、大自然そのもののシナリオであり、人間の作為はありません。幼児期にそこに触れることが大切だと思います。

また、メタボ対策と反省会のビールのために取り組んだトライアスロン、デュアスロン、ハーフマラソン、巡回駅伝。飲むために走るのか、走るために飲むのか…もはやよくわかりませんが、汗を流すことが大事だと思っています。汗を流して頑張る親の姿を見て、我が子が何かを感じるでしょう。また、一時毎年のように結成された保護者のロックバンドも同じです。あるバンドのTシャツにプリントされたメッセージ「If parents shine, children will also shine」。「大人が輝けば子どもも輝く」のです。そして「子どもが輝けば大人も輝く」のです。これらはPTA活動としてはやりすぎだったかもしれませんが、私にとって第二の青春時代でありました。

7年前に父が亡くなり、母も高齢になり、徐々にお寺の仕事の比重が増していきました。ここ数年は、園児や保護者と関わる頻度が大分減ってしまいました。認定こども園になり、より公的な役割、そして園児の安心、安全の保証が園長に求められることを考えると、今の自分ではそれが果たせないことを痛感していました。それが今回の交代の理由です。新園長の大滝美樹は、創業者の大滝宗光の娘で私の姉でありますが、現場で長く保育に携わり、教頭としても経験を積みました。きっとその役割を充分に果たしてくれるものと思います。私も理事長としてサポートします。

長くなってしまいましたが、いつも元気でかわいい園児たち、そして笑顔で一生懸命園のために協力して頂いた保護者の皆さんに支えられ、幸せな園長生活でした。本当にありがとうございました。

今後とも、若草幼稚園、若草ベビールームをよろしくお願いいたします。

このページのトップへ