園長ブログ

トップページ > 園長のつぶやき > ロンドンオリンピック

ロンドンオリンピック

2012年08月11日

 今はロンドンオリンピックの真っ最中。連日深夜までテレビで応援して、寝不足のご家庭も多いのではないでしょうか。私も、先日はサッカーの試合や体操競技を最後まで見てしまい、そのまま寝ないで保護者と週一回行っている早朝ジョギングに参加したのですが、さすがに途中で歩きました。身体に悪いことやってますね…。

 オリンピックはどうしても、見ている方は結果に一喜一憂し、メダルの色や数にもこだわってしまいます。選手にとっては、オリンピックに賭ける思いや日々のトレーニングの長い積み重ねがあるのですが、その背景も知らない我々視聴者が、結果が出なかったことに対してあーだこーだと批判するのは、申し訳ない気もします。でも、そんなプレッシャーも含め、乗り越えなければならないのがオリンピックですからね。

 体操の個人総合で金メダルに輝いた内村選手ですが、予選ではミスを連発していました。オリンピック前までは「プレッシャーというものがどんなものか知らない」とまで豪語していた内村選手も、やはり人の子、苦しみを経験し、そこから這いあがって見事結果につなげました。優勝後のセレモニーでは、両親や周囲の人々への感謝の気持ちを口にしていました。 
 このようにいい結果を出して、表彰式でメダルを掲げながらインタビューに答える選手の話を聞いていると、共通するものがあります。「みんなの支えがあって取れたメダルです。これまでサポートしてくれた皆さんに感謝したい」。選手としての自分の力量への自信ももちろんですが、人間として周囲の人々に感謝の気持ちを表すことができる、これが本当のアスリートなのでしょうね。心技体の充実です。

 うちの幼稚園からも、将来オリンピックに出られるような子が出てくれればそれは素晴らしいことですが、何よりも人に感謝され、感謝することができる人材に育つことがより大切なことは言うまでもありません。 

このページのトップへ