園長ブログ

トップページ > 園長のつぶやき > 野菜の苗

野菜の苗

2011年05月09日

 3月の地震以来、被災地の惨状に心が痛み、また原発などの不安定な状況もあり、気持ちが沈む日が続きましたね。それに加え4月になってもなかなか暖かくならず、今年ほど春の到来を待ち遠しく感じた年もなかったなあと思います。被災地の方々も、暖かい日差しの下で元気を取り戻し、復興に向けて前向きに活動していってほしいと願います。

 私にとって、この時期一番ワクワクさせてくれるものが、野菜の苗です。来週年長園児と一緒にすくすく畑に植えるために、私も8日の日曜日に買い出しに出かけました。ホームセンターではたくさんの苗が売り出され、お客さんで賑わっていました。トマトやナス、パプリカ、きゅうり、スイカ、かぼちゃ、ズッキーニ、トウモロコシなどなど夏野菜をいっぱい購入してきました。人気のある野菜はいろいろな品種が所狭しと並べられ、どの苗も魅力的で選択に苦労しました。私はファッションには疎いのですが、女性が洋服を選ぶのに悩む感覚に似ているのですかね??

 すくすく畑のスペースや日当たり具合を頭に浮かべ、また、連作障害を防ぐために植え付け場所のローテーションも考慮しながら、どの苗をどこに植えるかなどを考えるのが楽しいのです。苗を植えるだけでなく、風対策で支柱を補強したり、ウリ科の野菜はツルを這わせるためネットをかけたりと、野菜の生長のためいろんな支援作業が必要なのですが、その構想を練るのもまた面白いのです。
 植え付けてからは、水やりや草取り、虫対策などいろんな苦労がありますが、次第に大きくなり、園児と共についに収穫を迎える時の喜びは格別で、新鮮な野菜を収穫後すぐに食べて、子ども達とその美味しさを共有できることに感謝します。手をかけて育てれば、報われるものも大きいです。

 なんだか子育てにも共通しますね。ご家庭で、お子さんと一緒に野菜を育ててみるのもいいかもしれませんね。 

このページのトップへ