園長ブログ

トップページ > 園長のつぶやき > 1ヵ月遅れのクラス通信

1ヵ月遅れのクラス通信

2009年07月03日

 若草HPの「トピックス」のページの更新が、このところ頻繁に遅れます。トップページのオープニングショットの画像だけは、何とかリアルタイムでUPしていますが、子ども達の活動の様子を撮影した画像は、以前はその日にトピックスにUPできていましたが、最近は2,3日から時には1週間かかることがあります。保護者が楽しみに見てくれているのでできるだけすぐにUPしたいのですが、最近はいろいろな仕事も重なり、机に向かってPCを打つ時間が以前より大分減りました。

 そんなわけで、今回(6/30-7/2)東京出張が入ったので、往復の電車の中でまとめて更新作業を行いました。(この文章も帰りの電車の中で書いて(打って)います。)トピックスの1つ1つのページには、画像だけでは味気ないので、先生達のクラス通信をコメントとしてUPしています。そのコメントが、ここ1ヵ月全くUPできていませんでした。反省、反省…。

 先生達がほぼ毎日のように発行しているクラス通信、それを1ヵ月分コピーして、行きの電車の中で広げて打ち込みます。
 正直、(面倒だなあ)という思いは当然あります。でも、先生達が寝る間を惜しんで一生懸命手書きで発行するクラス通信は、それぞれのクラス名がタイトルであり(かもめ通信、かなりや通信…)、そのクラスの活動、思いが凝縮されています。どの通信も50号を超えており、保育日数で計算すると、ほとんど毎日発行されているのがわかります。そんな血と汗と涙(?)の結晶の通信を、是非皆さんに広く紹介したいという思いでこれまでUPしてきたので、「面倒だ」ということは言えません。

 通信を打ちこんでいると、1ヶ月前の活動が私の頭の中によみがえってきます。画像としてはすでにHPにUPしており、どんな状況かはもちろん把握できていますが、クラス通信を読み、それを打ちこむことによって、その時の子どもの状態、背景、先生の思いなどが表れ、写真だけのイメージにさらに深みを増してくれます。私が不在だった場合でも、通信を読み、打つことによって、あたかも自分も子ども達と一緒にその活動に参加している気持ちにさせてくれます。これは、ホームページを見て、我が子の姿を確認する保護者の方々も、同じような気持ちになるのではないでしょうか?

 ですから、打ち始めは少々面倒くさいと思っていても、だんだん気持ちがほのぼのしてくるこの「通信打ちこみ作業」は、人に任せない方がいいのかもしれません。最近は、山形市出張でも車を使わずバスで行き、この作業に没頭して、ちょこっと悦に入っています。園長の仕事ではないのではないか?と人には言われますが、園児と接する時間が少ないこの頃、先生達の通信を通して子ども達と触れ合うことができる機会は、ある意味貴重です。

 また、トピックスには行事や園外保育などの特別な活動の様子をUPすることが多いのですが、行事にかかわらず、クラスの日常の様子が掲載されているところが、クラス通信の面白さの一つでもあります。
 
例えば、クラスで生きものを飼育することになって、水の取り換えやエサの選択などで奮闘する子ども達の様子や、それに伴いいろいろな気づきを子ども達が得ていく過程を先生がきちんとまとめていく描写、あるいは、子どものふとしたつぶやきから、それをクラス全体の話題として取り上げ、集団としての力に発展させていこうとする取り組み、さらには、保護者からの手紙を紹介し、そこに先生なりの考察を加え、子どもの成長のしるしとして示していく様子など、非常に盛りだくさんであります。
 
子ども達の何気ない日常こそが、日々の成長を伝えていくクラス通信の目的、真骨頂であるのでしょう。できれば、こういった内容のものこそ、皆さんに紹介していきたいと思います。(でもやっぱり行事になってしまう・・・。今後の検討課題です)

 ということで、1ヵ月分の通信打ちこみ、ようやく終了しました。大変でしたが、とっても充実した電車の旅でした(???)これからもなるべく画像・コメントをためないように、頑張ります!

このページのトップへ