園長ブログ

トップページ > 園長のつぶやき > 野菜ソムリエ

野菜ソムリエ

2008年12月05日

 先日のぴょんぴょん広場に参加していただきありがとうございました。サンタクロースをやらせていただきましたが、坊さんの格好から一旦私服に着替えて、あの赤い衣装を付けながら、「俺っていったい何?」とふと思いました。まあ子ども達が喜んでくれれば、何でもありということで・・・。

 ところで皆さん、野菜ソムリエって聞いたことありますか? 王監督の娘さんの理恵さんやタレントの長谷川理恵さんなどがその資格を持っていることで知られていますが、正確には、ベジタブル&フルーツマイスターと言います。ソムリエと言うと、ワインを口に含みながら難しい顔をして味や銘柄を判断する印象がありますが、そんな敷居の高いものではありません。ベジフルマイスター協会のHPからその定義を抜粋すると、「野菜と果物の魅力を様々な形でわかりやすく伝え、生活の中で、野菜と果物をもっと美味しく、もっと楽しんでもらい、豊かな食シーンの実現に貢献する。それがベジタブル&フルーツマイスターの役割です」。

 実は私も、野菜ソムリエの資格をこの春取得しました。と言っても、第1段階であるジュニアマイスターの資格であり、1回2時間の講座を7回受け(通信教育でもよし)、クッキングレシピなどの課題をこなし、試験に受かれば比較的簡単に取ることができます。講座では、青果物から得られる新しい発見に感動する力、そしてその感動を表現する力を学んだり、青果物の品種、作型、栽培方法、鮮度、生産から流通までの知識を身につけ、時には食べ比べを実施し、青果物のカルテを作成し、様々な条件による味の違いを見極める力を学びます。講座には、主婦の方や料理好きの女性、スーパーの経営者、青果市場の関係者、居酒屋の料理人の方々など、様々な分野から参加していました(7割が女性でした)。

 私は、幼稚園の子ども達とのすくすく畑での体験から、野菜の有機無農薬栽培にとても興味を持つようになり、それがきっかけでこの資格を取得したいと思うようになりました。もう一つ上の段階であるマイスターを取得するには、さらなる講義の時間や勉強の必要がありいつ取れるか分かりませんが、将来きっと取得して、野菜作り、そして子ども達への食育を充実させたいと思います。

 皆さんの中でもし興味を持たれた方がいれば、情報を教えることもできるので、気軽にお尋ね下さい。

 王理恵さんがテレビのCMで付けていたエプロン、試験に受かったので購入することもできるのですが、あれを付けるのはちょっと恥ずかしいです。

このページのトップへ