園長ブログ

トップページ > 園長のつぶやき > KK牧場でカブトが羽化!

KK牧場でカブトが羽化!

2007年07月20日

 KK(カブト、クワガタ)牧場で、今年初めてカブトムシが羽化しました。子ども達に自然の環境で育ったカブトやクワガタを見せてあげたいという思いのもと、保護者の協力による牧場製作から五年、初めの二年ほどは順調でしたが、徐々に羽化率、長期生存率が減少してきました。幼虫が好む腐葉土や堆肥の維持、成虫の餌、日当たり、冬越え等の様々な問題がからみ、壁にぶつかってきました。
 自然の状態と言っても、ネットで囲っている牧場は、一般にカブトが好むクヌギやコナラの木々が豊富な雑木林とは程遠い環境です。無理に完全な自然に近づけようとしなくとも、現状でカブトにとって最適な環境を提供できればと思い、昨冬はコンポスト容器内で越冬させた結果、今回無事に成虫が羽化してきました。コンポストのおかげで気温の極端な低下も避けられたと思います。
 幼虫は、これからまだまだ羽化してくると思います。各保育室の幼虫も羽化し始めたので、夏休み中は牧場に集結させ、次世代の繁栄(?)に向けて頑張ってもらいたいと思います。
 牧場内で、子ども達が興奮しながらカブトを手にしている様子が、私にも十分伝わってきます。私がかつてそうだったように。
 昆虫の王様カブトムシを、これから毎日子ども達と見守っていきたいと思います。

このページのトップへ