若草幼稚園の概要

トップページ > 園の概要・キャッチフレーズ > 本園の特色

本園の特色

自然の摂理を学ぶ

自然の摂理を学ぶ

 自然豊かな園庭や、すくすく畑での活動は、実体験として子ども達の心を揺さぶり学びへと繋がります。そこで出会う「感動」や「実り」は「命の循環」に目を向け、「食」への関心に広がっていきます。
 「なぜ?」と、心動かされる経験が未知への探求心・考える喜びになり「思考力の芽生え」となります。そして、自ら調べたり、考えたり、工夫したり試したりすることは、いずれ「科学する心」となっていくことでしょう。園庭には、数量・言語体験があふれ「哲学」があるのです!!!
 飼育動物や、虫達の「死」にも遭遇し、命の大切さ、尊さに気付いていきます。それは、自分の命と友達の命をも大切にすることに繋がります。
 グランドにそびえる大仏様。その姿を見上げながら遊ぶ毎日。時に勇気づけられ、励まされ、あるいは踏みとどまり律する力となり、畏怖・畏敬の念が自然に子ども達に沁み込んでいくように思います。

健康な心と体

健康な心と体

 幼児期は心と体の発達が最も顕著で、バランスが大切な時期です。体を思いきり動かして遊ぶことは、身体機能の発達や体力の向上はもちろん、知能の発達も促します。そして生活のリズムが整い、心が安定していきます。
 園庭は起伏に富んでおり(アップダウンがあり)子ども達の冒険心を駆り立て、体の様々な部位の育ちを促します。危険回避能力が日々の遊びの中で培われ、夢中で遊ぶことは粘り強く最後までやりぬこうとする忍耐強さを育みます。そして「できた!」という喜びは、達成感となり自己肯定感へと繋がります。
 様々な実体験を重ねる中で、してよいこと、悪いことが少しずつ分かるようになると、自分の行動を振り返ったり、相手の立場になって行動するようになり、「きまり」の必要性や「ルール」を守ることの大切さに気付いていきます。自分の気持ちを調整し友達と折り合いをつけていくことは道徳性・規範意識の芽生えでもあります。

豊かな感性と表現

豊かな感性と表現

 絵本は生きた言葉の宝庫であり心と心を結ぶ絆となります。お話の世界にたっぷりと浸り楽しむ中で、感動する心、物事の善悪、考える力などが自然に蓄積され、子ども達は豊かな言葉や表現を身に付け、相手の話を注意して聞いたり言葉による伝え合いを楽しむようになっていきます。
 また、遊びを通して生まれる感動体験は、感じたことを自分なりの方法で表現しようとする意欲となり、創造性を育みます。それは新たな価値観への気付きや発見にも繋がっていくことでしょう。

主体性・協同性

主体性・協同性

 心身を開放しのびのびと遊ぶことは、自分なりに工夫したり、考えたりしながら諦めずにやり遂げ、充実感・達成感を味わうことに繋がります。それが自信となり、次への目標・課題が生まれます。自らやってみようと主体的に動き出すことで、意欲的で、自立した子どもへと育っていきます。
 一人では難しいことも、友達と共通の目標や、課題の実現のために互いの考えや思いを共有し、協力しながらやり遂げていくことで、協同性が育ちます。時には、思いの違いからトラブルになることもあり、こうした経験を積み重ねることで自分の思いや考えを伝えようとするだけでなく、気持ちをコントロール(我慢したり、譲ったり)していくことを学びます。友達の考えに触れる中で、自分と異なる意見があることに気付いたり、自ら判断したり、考え直したりするなど、新しい視点を生み出す喜びにもなります。

イバン先生と英語で遊ぼう

 外国人講師が子ども達と触れあいます。英語や異文化に親しみを持つ機会になっています。

村井先生と運動遊び

 「こども体育研究所」の講師と一緒に、カリキュラムに沿って様々な運動を楽しみます。

園長先生とサッカー遊び

 ボール一つあれば、一人でも集団でも楽しめるサッカーを通して、自分の力を試したり、チームワークを学ぶ機会になっています。

絵本の世界を楽しもう

 少人数で新刊本を楽しむ「りんごの会」、保護者のボランティアによる「おはなし会」園長先生が各クラスをめぐる「給食&おはなしの会」も子ども達に大人気です。

このページのトップへ