園長ブログ

トップページ > 園長のつぶやき > 夏季保育について

夏季保育について

2006年08月10日

 夏季保育が終わりました。事故やケガもなく、子ども達が元気に二日間過ごせて何よりです。
 雨天のため野外活動ができなかったことが残念で、子ども達もがっかりしたかなと思いましたが、加茂水族館での喜びようには驚きでした。大きなサメやエイに衝撃を受け、アシカショーに大歓声を上げ、クラゲの美しさに息を呑んでいました。友だちと一緒に活動することが、どんな場面でも活気あふれる楽しさにつながっていました。
 市営体育館での昼食中、平田のお兄さん先生達がわざわざ焼きたてのニジマスを届けてくれました。自分達で捕ったものではありませんが、お兄さん先生達の思いがこもったニジマスを美味しそうに食べていました。広い体育館で存分にサッカーを楽しみ、みんなの力で少しずつひびを入れたスイカ割りはすごい盛り上がりでした。
 春からみんなで育てた作物の収穫では、トマト、キュウリ、ナス等の定番の他、トウモロコシ、スイカ、メロン、ダイコン、それに大ヒョウタンまで収穫しました。自然の恵みに感謝します。
 スパガーデンのお風呂にイモの子洗い状態で入った時は、他の入浴客の温かい視線に感謝しました。「走るな!」「飛び込むな!」、私のか細い声が隣の女湯まで聞こえていたそうです。お父さん先生や運転者の皆さんで、子ども達の体をていねいに洗ってくれました。
 若草バイキングは食事班の先生が一生懸命作ってくれ、収穫作物もふんだんに入った栄養満点の品々、子ども達も旺盛な食欲でこれに応えていました。
 夜のメインの宝さがし、初めは恐怖で先に進めない子ども達でしたが、友だち同士の励ましあいで奮起し、徐々に勇気を見せ始め、最後に宝をゲットした瞬間は、感動に打ち震えていました。今回欠席した子の分の宝も、ちゃんと見つけて持っていく優しさを見せてくれた子もいました。「全然怖くなかったよ」としらばっくれる子もいましたが、後日ビデオで検証したいと思います。
 キャンドルサービスの幻想的な雰囲気は写真では伝わりませんが、自らの火を見つめながら今日あった出来事を振り返り、意欲、思いやり、勇気の気持ちを心に刻んだ子ども達です。「ぼくたちの歌」の歌声は、今でも耳に残っています。ブラックシアターの光と色の電飾劇場を楽しんだ後は、お休みです。友だちと一緒に横になるだけで、ウキウキしてなかなか寝付けない子もいたようです。
 翌日の本堂でのお参り、そして朝食と予定の活動はあっという間に終りました。子ども達、「自分のことは自分でする」「友だちが困っていたら助けてあげる」、これをごく自然に実行できていたように思います。たった二日間ですが、確実に成長した二日間だと思います。
 速報で画像をUPしたので、どんな活動だったかは保護者の皆さんも多少は把握できると思います。でも、やはり我が子からの生の報告が一番ですね。ビデオ撮影もしたので、後日希望者に配布します。
 早番と遅番で協力いただいたお父さん先生達、本当にありがとうございました。 

このページのトップへ