園長ブログ

トップページ > 園長のつぶやき > 秋のすくすく畑

秋のすくすく畑

2013年11月01日

 今日から11月です。10月中も、すくすく畑は自然の恵みをたっぷりと与えてくれました。夏野菜はほとんど姿を消しましたが、ミニトマト、パプリカ、ナスは10月いっぱい粘ってくれました。トマトは熟成して甘みを増し、パプリカは赤、黄の色合いが鮮やかです。ナスはあえて肥大化させ、園で飼育しているスズムシのえさに重宝してます。

 ツリーハウスが出来たおかげで、年長ばかりか年中、年少も頻繁に遊びに訪れます。春のお彼岸で出た大量のお供えの花も、半年以上が過ぎ良質な堆肥に生まれ変わりました。黒柴犬クウも毎朝畑を飛びまわり、堆肥の基になるお土産をちょこちょこ残してくれます。年中さんは玉ねぎやイチゴの苗植えをして、来年6月の年長時に収穫するのを楽しみにしております。年長は大きな栗をいっぱい拾いました。年少さんはサツマイモをどんどん掘り上げ、その場でホイル焼きにして食べました。

 現在は畑一面に、大根がすくすく生長しています。昨年は日照りにやられて発芽率が悪かったのですが、今年は8月末雨が続き、そのおかげで200本以上が順調に生育しています。1か月後、年長園児全員からでかいのを1本ずつ自宅に持ち帰ってもらいます。また、キャベツも丸まるまでもう少し。年長から収穫したてを生かじりしてもらおうと思います。有機無農薬栽培を10年続けると、虫の被害がほとんどなくなるのを実感しています。すくすく畑、11月もよろしく!

このページのトップへ