園長ブログ

トップページ > 園長のつぶやき > 若草リレーブログ(5/29)より転載「5月はいっぱい汗をかいた!」

若草リレーブログ(5/29)より転載「5月はいっぱい汗をかいた!」

2013年06月04日

今日は園長の番です。

5月ももう終わろうとしています。年長組にとっては、短期間に大きな行事が続きました。連休後の10日に遠足があり、20日に酒田祭りがありました。その間の15日のタケノコ掘りも含めると、10日間で3つの「いっぱい汗をかく活動」が続いたことになります。何かと慌ただしいですが、この力のかぎり頑張る活動を、私も一緒になって行うことで充実感に満たされます。

まずは遠足。年長は子ども達だけで羽黒山登山に挑戦しました。お父さん先生も何人か同行しますが、基本的に手は貸さず、子ども達を見守りながら共に頂上を目指します。今年は天気もよく絶好のコンディション。途中少しへばりそうになりましたが、おやつタイムでパワーを注入し、見事最後まで登りきりました。何年かぶりに外でお弁当を食べることができ、昔からある土俵の上で相撲大会も行いました。例年になく暑い遠足でしたが、その暑さが嬉しかったです。

タケノコ掘りは、お寺敷地にあるすくすく畑の竹林で行いました。顔を出したばかりの孟宗竹をせっせと掘り出します。孟宗と言っても山にあるものと違ってとても細いですが、子ども達にとって、根っこから掘り出すのはとても手ごわい作業なのです。それでも何人かで懸命にシャベルを突き刺し、土をかき上げるうちに徐々にタケノコがグラグラしてきて、最後にグッととれた瞬間、皆で獲物をつかんで頭上に掲げます。その顔がとても誇らしくて微笑ましいです。採ったタケノコは、すぐに炭火でホイル焼きにして食べます。新鮮で美味しく、あっという間になくなりますが、後からえぐみ効いてきてのどがイガイガしたりします(笑)。

そして最後の酒田祭り山車行列。今年は「パイレーツ・オブ・ワカクサン」ということで、大人も子どもも海賊に扮しました。子ども達は手作りの海賊衣装、バンダナ、そして短剣、ばっちり決まってます。保護者も有志のお父さん達が本格的な衣装に身を包み、雰囲気を盛り上げてくれました。「わっしょい、わっしょい!」と声を出しながら力いっぱい山車を引っ張り、沿道からの応援を受けて更に熱が入ります。卒園生の飛び入り参加もどんどん増えてきて、最後は一大集団となって見事ゴールしました。かなりの距離を歩きましたが、子ども達は晴れ晴れとした顔でした。裏方で支えてくれたお父さん、お母さん達に感謝の気持ちでいっぱいでした。

年長園児にとって、この5月はきっと思い出に残る月になったことでしょう。一人ではとても継続が難しくても、友だちと一緒になって頑張ることで、最後までやり遂げることができることを身をもって実感した月だったと思います。でも、サポートしてくれた保護者、先生達のことも忘れないでくださいね。子ども達のひたむきさに感銘を受け、我々大人も年甲斐もなく(?)頑張ることができました。その相乗効果はすごい!まさに「大人が輝けば子どもも輝く!」、「子どもが輝けば大人も輝く!」でした。

考えてみればまだ5月末、新年度は始ったばかり。大人も子どもも、まだまだいっぱい汗をかこう!

このページのトップへ